カテゴリー
未分類

菓子パンにハマる

数年前まではあまり食べなかったのですが、突然菓子パンにハマりました。
特にヤマザキのコッペパンが一押しです。
大手メーカーだけあって、ヤマザキのパンって強いなとしみじみ感じながら、菓子パンについて語っていきます。
コッペパンなら、ヤマザキのコッペパンとローソンのコッペパンがおすすめです。
ヤマザキのコッペパンは流通性と味、価格、量のすべてにおいて優等生なんですよ。
ふわふわしたパン生地に、塩っ気のあるマーガリンが甘いフレーバーにマッチしています。
特に好きなのがつぶあんマーガリンです。
パン自体も美味しいんですが、つぶあん自体もかなり美味しくてバランスが取れているんですね。
ロングセラーなだけあって、安定と信頼のヤマザキのコッペパンです。
つぶあん以外にも双璧のイチゴジャム、更に時々見かけるはちみつマーガリンもおすすめです。
初めて見た時はどういう事なんだ、と思ったのですが、はちみつが想像以上にさっぱりしていて美味しかったです。
難点としては、はちみゆが故のこぼれやすさでしょうか。
気を付けて食べないと、手や服にはちみつが垂れてしまうんですよね。
もう一つのおすすめ、ローソンのコッペパンもクオリティが高いです。
つぶあんの美味しさは、今まで食べたチェーン店のコッペパンの中ではピカイチです。
つぶあんの小豆がしっかり、かつふっくらしていているので、つぶあんだけで販売されたら買ってしまいそうなくらい美味しいです。
パン生地はふっくらのヤマザキに対してもっちりしています。
ただもっちりしている割にはふんわり感もあるので、重くなり過ぎずに食べられます。
コッペパンは基本的につぶあん派なのですが、ローソンのコッペパンはイチゴジャムが最強です。
イチゴジャム自体は普通かな、と言う感じなのですがパン生地がふわふわと言うか、もふもふしているのです。
つぶあんのパン生地と見た目も結構違うのですが、食感もイチゴジャムの方がパン感が強いです。
コッペパンと言うと結構素朴な味、食感なのがスタンダードですが、ローソンのイチゴジャムのコッペパンはそこにプラスワンランク上かんがあるんです。
高級と言えばそうなんですが、高級と言うよりはワンランク上の方がしっくりきます。
パン自体も大きいので、ローソンによってイチゴジャムのコッペパンを見たらつい買ってしまう率がかなり高いです。
因みにローソンの菓子パンは基本的にどれも美味しいので、新商品が出ると購入してしまいます。
コッペパンと、クロワッサン、メロンパンが個人的三強です。
コッペパンブームで、どのコンビニに行っても大体オリジンルブランドのコッペパンがずらっと並んでいた時、セブンの物も食べました。
おすすめ二つと比較すると塩味が強かったのですが、小振りな3つ入りパックが食べやすかったです。
ミニコッペパンはほとんど見かけなくなってしまいましたが、通常サイズのコッペパンはちらほら置いてあります。
当然と言えば当然ですが、ミニコッペパンと同様塩味が強かったです。
ザ・コッペパンと言うとそうではあるんですが、コッペパン自体が結構しっかりとした食感ですね。
ヤマザキのコッペパンをスタンダードとすると、ちょっと尖ったコッペパンだと思います。
甘すぎるのは苦手とか、塩味が強いのが好きな人向けですね。
代わりにしっとりホイップあんぱんなるものを見かけるようになりました。
昔ホイップクリームあんぱんが流行っていた時期もあったと思うんですが、セブンは定期的にこのあんぱんを販売しているイメージがあります。
度々マイナーチェンジもされてると思うのですが、基本的にふわふわのパン生地に、ホイップクリームが程よい感じなので美味しいですね。
王道のヤマザキ、ヤマザキと双璧をなすローソン、そして番外編のセブンのホイップあんぱんと来ましたので、コンビニ繋がりかつあんこ繋がりでファミリーマートの菓子パンも一つおすすめを挙げます。
はい、あんバターフランスです。
このあんバターフランスはですね、フランスパンでありながら軽く食べられるパン生地が美味しいです。
取り敢えずあんこのパンにハマってるから食べてみるか、と思って買ってみたのですが、思った以上に本格的にあんバターフランスしていて驚きました。
こういう所に力を入れてるのは、流石ファミマと言った所でしょうか。
あんこ自体は普通かな、と言う感じなのですが、バランスが整ってました。
柔らか過ぎないあんこ、思った以上にしっかりしているバター、フランスパンなのにふわしっとり感のある生地で、食べた後は胃がずしっとするのですが、食べている時は美味しくてあっという間に食べ終わってしまいます。
ファミマにもオリジナルブランドのコッペパンはあるのですが、セブンと同傾向のずっしり系なんですよね。
味はあんこよりもピーナツバターの方が好きでした。
ピーナツの粒がしっかりしていて、本格的感が凄かったです。
多分アメリカの人が食べてるピーナツバターってこれ、っていうピーナツバターでした。
ファミマの菓子パンも結構好きなのですが、ローソンやセブンと比べると全体的にピーキーな物が多い気がします。
まだまだ語り足りないですが、これ以上語ると止まらなくなるので、これで終わりにしておきます。
コッペパンにスポットを当てて、菓子パンについて語ってみました。

カテゴリー
未分類

発達障害について

発達障害というワードをこのごろよく耳にします。
うちにも4歳と6歳の女の子がいて、幼稚園に通っていますが、人事ではありません。ちょっとしたことですぐに機嫌が悪くなり床にひっくり返って大泣きをしたり、逆にちょっとしたことさえもわからないのになぜか不機嫌でイライラしていたり・・これは長女のことです。
長女は外ではすごくがんばるタイプで、幼稚園の先生からも「何も問題はないし、何でも一生懸命がんばってて偉いですね」という言葉をよくいただきます。
ママ友からも、○○ちゃんはしっかりしてるからね、とか、発表会などでもさすがだね~といった言葉ばかり頂けます。その反動からか、家だと結構すごいのです。ママに甘えたい・・と赤ちゃんのようになってみたり、逆にイライラや疲れをぶつけるかのように私に当り散らしてきたり。
娘をなだめるのにも疲れ果てて友人に相談すると、外で我慢しているんだろうね、という回答です。その友人には発達障害という特性を持つ息子さんがいて、その息子さんはもう小学校5年生なのですが反抗期と重なって本当に手がつけられず大変とのこと。自分の気持ちを自分で理解して相手に伝えることが難しいので、たとえば、「私はもう疲れた、できない」→「私もう疲れているしできないから他にひとに変わってほしい」と言う、ということが両方ともできないんですよね。自分で自分の気持ちを感じ取ることができないから、キャパを超えるまでがんばってしまってパンクしてしまうんです。その時点でも「ああ私は疲れていたんだね」と知ることもできないのでパンクしてからも意味のわからないしんどさに襲われて周りに当り散らしたり・・ということにつながってしまうんですよね。
そんな子に必要なのは、反抗期よりもっと前の、幼少期に、自分はそういったように自分の気持ち分かりにくい、だから、ときどき振り返って自分の気持ちを数値で表してみたりして、自分の気持ちに気づく練習というのをしていく、ということみたいです。
発達障害やその疑いのある子は、療育というものに通っていたりするようですが、療育のいろんなプログラムでもこの練習をしていくというのがひとつにあるようです。小さいころからこうして訓練を受けていけば、自分の気持ちに気づきにくいという特徴から起こる辛さを少しやわらげてうまく付き合っていくことができるとのことです。
私の娘も、少しはそういった部分があるのかなぁ、とも思います。そこで、その友達に教えてもらった保健センターへ電話して相談してみたのですが、「幼稚園からとくに何も言われていないなら療育へは通えない」「お母さんが通わせたいといって通わせるものではない」との返答だったのです。たしかに、言っていることは分かるのですが、この悩み、どうすればいいんでしょうかね。実際に発達障害の子を抱えるお母さんが、あなたのお子さんも、話を聞いていたり様子を見ていたりすると、少しそういうところがあるかもしれないね、子供も親も辛いのなら相談してみたら、といってくれた先が、そういって娘に会うことさえしてくれない・・・
思い悩む前に相談、とか、言いますが、実際にはそういったたいへんグレーゾーンな親子が相談したり気軽に見てもらえたりする場所というのは非常に限られている気がします。何でも、かなり疑いを持たれなければ相手にしてもらえないというのは日本のシステムではよく見られます。まぁ、だからといって外国がどうなのかは分かりませんが・・。
その友人の息子さんは、毎日学校から帰って死にたいと泣いているんだそうです。誰かからいじめを受けているとか、ひどいことをされたとか、そういう直接的なことではなくて、「考え方」のせいなのですよね。一般の人と思考が異なっていて、(それが良いように発揮されて才能を伸ばす人もいます)、自分はどうしてこうなんだろうか、自分をとりまく環境はどうしてこうなんだろうかとか、考えてしまうんです。それは、そんなこと考えない人にとっては、本当に理解できないことなんだと思います。
かくいう私も、そういった面がありまして。私の実家の話をすると、私の父も変わっている。母もちょっと変わっている・・弟は、かなり変わっています。ぎりぎりまで動けない性格、人に嫌われる性格、会話がかみ合わない、などです。これを障害といってしまうと、障害のある方には失礼なのかもしれませんが、これられのことが人生でマイナスに働いて、身動きができず困っているのは事実です。弟は留年しましたし、友達や教授とのトラブルもありました。たぶんIQは高いのですが、コミュニケーションが圧倒的に取れないのです。そして世間の常識からはずれているんです。留年のち無事進級して就職内定しましたが、どうも卒業できそうにないです。
友人のお子さん、私の弟、私の娘・・あらゆる問題とどうかかわって向き合えば、彼らの人生は幸せなものになるのでしょうかね。学歴でも職歴でもない、幸せに生きてほしいです。

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。